フランチャイズ相談所

フランチャイズオーナーに向いてる人、向いてない人の特徴とは?

フランチャイズオーナーに向いてる人、向いてない人の特徴とは?

比較的個人で開業するよりもロウリスク・ハイリターンが見込めるフランチャイズビジネス。知名度や実力のある大手企業などのバックアップの元、フランチャイジーとして加盟店のオーナーとなり事業を進めていく。そのオーナーの中には全国に複数の店舗を展開し、莫大な利益を出している者もいれば、一年ももたずに事業が失敗してしまう者もいます。では、フランチャイズビジネスのオーナーとして向いている人、向いていない人の特徴とは一体何なのでしょうか?このページでは実際に成功を収めているオーナー、そうでないオーナーの特徴に注目しながらその素質について紹介していきます。

誰もがオーナーとして成功できるわけではない

冒頭でも述べましたが、いくら企業本部のバックアップやサポートがあるからと言って、フランチャイズビジネスも一事業である以上、誰もがオーナーとして成功するのは不可能とうのは言うまでもないでしょう。フランチャイズオーナーに向いていて、多くの利益を出す人にはそうした素質が必要なのです。では、フランチャイザーに向いている人の特徴とは何なのでしょう?

経営者としての意識、自己管理

フランチャイズビジネスの仕組みとしては、企業本部から契約時に提供される経営ノウハウや指導の下、加盟店のオーナーは事業を進めていくことになります。しかし、こういった仕組みであるために加盟店のオーナーは本部の下請け的な存在であり、最悪本部の言いなり、などという印象を持っている人がいますが、これは間違った考え方です。というのもフランチャイズビジネスにおいて、フランチャイザーと呼ばれる本部とフランチャイジー(個人)が経営する加盟店はあくまで独立した別々の事業と定義されるので、オーナーはその店舗の責任を持つことになります。毎月利益を出せる店舗のオーナーの一つの傾向としては、経営者としての自己意識をしっかり持ち、その店舗の経営マネジメントや人材育成、問題解決など

オーナーに必要な素質とは?

個人で一から開業するオーナーとフランチャイズのオーナーの大きな違いとはバックにサポートしてくれる存在がいるか否かですが、そもそも後者になるために必要な素質とは何なのでしょうか

①現状把握能力

自分が経営している店舗の現状をしっかり把握することができ、さらに業績を上げるための策を分析できる。

②問題・トラブルへの対応能力

万が一自分の店舗で問題やトラブルが生じた際に、本部の指示を仰ぎながら冷静に対処できる。

③現状改善能力

問題の再発防止策などを考案、実行し現状を改善する能力

オーナーになるための適正年齢

フランチャイズ契約には、加盟店のオーナーになるための年齢制限などは特に定められていません。そのため、業界・業種によって経営者の年齢はそれぞれで、若くして何店舗も経営しているオーナーがいる一方、定年退職してから夫婦そろってコンビニなどを始める経営者もいます。ですが、フランチャイズ業界のオーナーは30代半ばから50代の方が多い傾向にあります。その理由としては、もし20代で開業するとなると、若いので経験不足や開業資金を集めるのが困難であるのに加えて、現在非正規社員の雇用拡大によって、わざわざリスクを背負って経営者にならなくてもパートやアルバイトで生計が立てられるというような社会背景がある為です。逆に60代以上の方は、体力面からして店舗の経営を執り行うのは厳しいでしょう。

「フランチャイズオーナーの平均年収や仕事時間は?休日はあるのか?」はこちら

成功するオーナー、失敗するオーナー

フランチャイズビジネスは本部と加盟店のオーナーの信頼関係なしでは成り立ちません。本部は加盟店のオーナーに対して断続的な指導・協力、そして問題が生じた際に、オーナーと共に早期解決を目指します。一方、オーナーはそれらの対価として毎月ロイヤリティを本部に対して支払うことになっています。一見、本部側に利益が偏っていると感じる人もいると思いますが、加盟店で出た利益が本部側の利益となり、それが充実したサポートや指導として還元されるため、また本部側も加盟店が繁盛することによって企業の認知度や知名度が上がり、顧客が増え、最終的に利益が出るという、双方に平等に利益がでるのがフランチャイズビジネスの特徴です。しかし、先ほども述べたように双方の良好な関係があってはじめて利益が生まれるのです。 以下が成功するオーナー、失敗するオーナーの主な特徴です

成功するオーナーの特徴

1,契約内容を忠実に厳守し、本部が提供する経営マニュアルに則り、推奨されるノウハウを徹底して実行している。 2,その事業の経営理念や方向性を理解し、それを関係者(従業員、雇用者)と共有できる。 3,本部から、コンサルティングを受けていると捉えて事業に取り組んでいる。 4,本部の指導を、自社の補完機能として捉え、上手くサポートを引き出してる。 5,本部を良き経営パートナーとして捉え、良好な関係を築ける。

失敗するオーナーの特徴

1,本部が推奨する成功ノウハウ、パターンを厳守、実行していない 2,オーナーとしての自覚意識、熱意をもってい事業に取り組めない。 3,一事業者として、主体性や責任を持って事業に取り組めない。 4,人材の選定や教育・指導がしっかりできない。 5,本部との友好的な協力関係が築けない。

以上が双方の主な特徴になりますが、いくらオーナーとしての素質があなたにあ っても、企業側に問題があった場合には元も子もありません。そのため、どの企業とフランチャイズ契約を結ぶのかも重要事項になってきます。 どうでしたか?オーナーに向いている人・向いていない人の特徴を紹介しましたが、フランチャイズビジネスを始めようとしているほとんどの方は未経験のため、最初から完璧にこなすのは難しいですよね。そのため、最初は、本部の指導のもと、契約内容を忠実に守り、良好関係を結ぶための努力をするのが得策でしょう。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする