フランチャイズ相談所

新しい農業のあり方、フランチャイズ農業とは?

新しい農業のあり方、フランチャイズ農業とは?

高齢化や地方エリアの過疎化によって、日本の第一次産業である農業をする人口が年々減少しています。農業人口の減少の主な要因は二つあり、まず一つは少子高齢化による後継者不足。そして二つ目が、広い土地や農業用の専門機械の準備に初期費用がかかるため開業する敷居が高いという点です。

農業をされている方は、世襲によって引き継がれてる方が圧倒的に多いですよね。土地や農業用の機械がすでにあり、ノウハウもある程度出来上がっているところからはじめられる環境にあります。しかし、いちから開業するとなると膨大な初期費用がかかってしまうわりには、地道な労働なくして稼ぐことは出来ない大変な職業です。農業人口の減少にはこういった根深い問題があるのです。

しかし今、日本の主要な経済源である農業を支え活性化させるため、「農業のフランチャイズ化」という活動が見られるようになってきているのはご存知でしょうか?すでに多くの企業や個人が農業のフランチャイズ化に力を入れてきています。

ということで今回は、新しい農業のあり方として徐々に注目を集めてきているフランチャイズ農業について紹介していきたいと思います。

農業フランチャイズの仕組みとそのメリットとは

一般的に知られているフランチャイズビジネスとは、コンビニや飲食店などの有名企業や認知度のある大企業が、これから新しいビジネスを開業しようとしている個人事業主と契約を交わし、お互いに利益を出すというスタイルです。

農業のフランチャイズビジネスも基本的には似たような仕組みとなっています。冒頭でも述べましたが、農業を一からはじめるためには土地や農業用機械の購入、また事業を展開するにあたり十分な経験やスキルが必要とされます。更に食物の栽培、管理などに長時間のケアが必要とされ、未経験者が一から開業するのは非常にハードルが高いという印象です。

しかし、それをサポート・バックアップするために発案されたのが農業のフランチャイズ化です。未経験の個人が円滑に農業ビジネスを展開できるよう企業が支援することで、結果的に農業人口の増加、地方の活性化にも繋がるという、非常に壮大なプロジェクトとなっているのです。

ということで、具体的な仕組みや農業フランチャイズの事例などについて、さっそく見ていきましょう!

新規就農者の実体験を元に生まれた農業プラットフォーム・LEAP

2014年設立のベンチャー企業「seak(シーク)」は、農業にITを取り入れようというコンセプトのもと立ち上げられました。

seakの創業者は当時農業の経験がなかったということで、実際農家に赴き、およそ1年間を費やして経験や知識の習得を重ねました。その後土地を確保し、農家として活動し始めましたが、その準備段階において新規就農者の大変な苦労を体感したんだそうです。

「そういった苦労やリスクを軽減し、よりスムーズに農業をはじめられる環境を構築したい」という思いから、「LEAP(リープ)」という独自の農業プラットフォームは生まれました。

まずは実際にどのようなサポートを受けられるのかという仕組みについて説明いたします。

LEAPが行っている農業支援とそのメリット

1,優先的かつ素早い農地の確保
2,ビニールハウス等の栽培施設の構築・提供
3,技術・ノウハウ・独自の資材の提供
4,安定的した販売先の紹介・確保

seak公式HP参照

LEAPにてフランチャイズ農業契約を行った方は主に上記のサポートが受けられます。農地の確保や、栽培施設の整備にかかる費用は、他業種のフランチャイズ経営と同じように就農者自身(オーナー)が支払わなければなりません。しかしたとえばビニールハウスに関しては、一般的な専門業者から仕入れる相場と比較して、45%に押さえられているそうです。

農地やビニールハウスを準備しなければと言われても、「実際どう選んで良いのか。どれぐらい必要なのか。」など、悩みの種はつきませんよね。経験や専門知識の少ない新規就農者とっては、非常に助かるサポートとなっています。

また、実際に開業したあとの販売のサポート体制も整っています。LEAPでは各オーナーが生産した野菜を独自ブランド化しており、スーパーなど販売先の確保に力を入れているそうです。ブランド力という付加価値を付けて販売できるのは、非常に大きなメリットですね。


初期費用って実際いくらかかる?

seak公式HPの情報によりますと、実際にLEAPでフランチャイズ農業を開業する場合、最大で1000万円が必要という試算になっています。もちろん場所や取り扱う野菜によって、土地代やビニールハウスの規模、土や肥料などの資材にかかる金額は変動するので一概には言えません。フランチャイズといっても諸々の初期費用は経営者が支払わなければならないというのは、一般的な起業と同じですね。

しかし、先ほども述べましたが、本格的な施設や資材を比較的安価に仕入れられるというのは、やはりフランチャイズならではのメリットと言えるでしょう。また、LEAPは金融機関と連携もしているので、融資等の準備に不安がある方にとってありがたいですね。

 

スマホ世代に朗報|農業でのIT活用の中身とは

seakは元々ITベンチャーとして立ち上げられた会社です。よってしっかりとしたITの基盤が整っているというのも利点です。具体的な内容は、

【作業内容を予習・復習できるWebサービス】【トラブル発生時などに活用できるアプリ】【栽培施設を状態確認できるセンサー】【生産管理ができるプラットフォーム】

があります。データをリアルタイム化しているので、スマホやパソコンなどで本部とやりとりが出来るというの、今までの農業という職業のイメージが一新されるような非常に画期的なシステムですね。若年層の農業離れが危惧される中、農業にITを取り入れたシステムはスマホ世代の若者にとっても惹かれるものがあるのではないでしょうか?

さて、農業フランチャイズについてもう一例ご紹介したいと思います。

NPO法人農業センターの協力企業で行う就農支援

NPO法人の農業支援センターでは、これから農業を始めようと考えている方を対象に、万全なサポート、バックアップのもと、フランチャイズ農場での独立支援を行っています。

これは、農業支援センターが主に未経験者を対象に就農希望者を募集し、協力企業のもと二年間の研修プログラムを行った後就農出来るというプログラムです。農地や販路の確保といった支援もあるため、より円滑に事業を進めることが可能となるそうです。具体的な仕組みとメリットについてご説明いたします。

研修中の給与の支給

農業だけでなく、ほとんどの事業で当てはまることですが、実際にビジネスが展開し、軌道に乗るまでは十分な給与を得ることは難しいですよね。しかしNPO法人農業支援センターの協力企業であるユニオンファームでは二年間の研修期間中でも給与が支給されるそうです。

給与を貰いながら知識を学んだり経験を積めるというのは非常に大きいですよね。

充実した研修内容

独学で農業を勉強するとなると、まず何から学んだらよいのか、どのくらいの知識が必要かなど、やるべきことがたくさんあります。このプログラムでは、そんな膨大な知識について農業の専門家のもと約二年間かけて学ぶことが出来ます。

有機JAS認定修得のための有機栽培技術の現場での修得、JGAP認証基準に基づく農業管理、また、実際に生産した食物を流通させる段階に必要な、包装・出荷、収穫オペレーション、製品基準の知識、そして、生産管理から労務管理といった農業運営における経営スキルまで学ぶことが出来ます。農業には興味あるけど、経営者としてやっていけるか不安という方でも安心ですね。

「知っておくべきフランチャイズ本部の研修制度」はこちら

農地探しのサポート

どれだけ農業に関する知識、スキルがあったとしても、実際に食物・野菜を栽培するための農地が無ければ何も始まりません。しかし、このプログラムではユニオンファームがその土地探しをサポートします。

ここで、実際にこのプログラムに参加しフランチャイズ農場のオーナとなった方の声を紹介ていきましょう。

・元サラリーマン Oさん(31歳 独立6年目)

Q,「就農」使用と思ったきっかけは?

A,

 実家が兼業農家で、子どもの頃農作業の手伝いをしていて関心を持ち、「将来は農業したい」と思っていました。親からは「農業は厳しいよ」と反対されていましたが、プログラムを経て独立し、軌道に乗ると安心したようで、今となってはたまに農作業を手伝いに来るぐらい認めてくれています。

Q,就農してからの不安や疑問点

A,

安って事じゃないですが、昨年の震災時には放射能の影響でホウレン草をだいぶ廃棄したので、さすがに切なくなりましたね。良い野菜を作っても「捨てろ捨てろ」って感じだったので・・・。数値というより風評被害の方が大きかったのですが、今はほぼ解消されています。 あとは台風など、天候に関することは不安になりますが、人間の力ではどうしようもない事なので、あまり「不安だ」と考えないようにしています。

・新卒で農業オーナー Kさん (34歳 独立4年目)

Q,「就農」使用と思ったきっかけは?

A,

大学生の時、サークルで農家さんの手伝いやバイトをしていたのですが、そこから興味が湧きました。学部は農学部でしたが、実践的な事があまりできず物足りなくて、卒業後、日本農業実践学園で1年間研修をし、その後ユニオンファームの「独立支援プログラム」を受けました。

フランチャイズ農業まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は新しい農業のあり方【フランチャイズ農業】についてご紹介しました。ITを活用した就農サポートや、実務経験だけでなく経営スキルまで学べるしっかりとした研修プログラムなど、個人ではなかなか難しいことまで経験できるという点にフランチャイズ農業の強みを感じました。

今回紹介しました企業以外にも、これから新しくフランチャイズ農業を始めようとしている方を支援している企業はたくさんあります。どの企業が自分に適しているのかなどをよく吟味し判断した上で、無理なく農業進出してみてはいかがでしょうか。

新しい農業のあり方、フランチャイズ農業とは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする