フランチャイズ相談所

フランチャイズビジネスにおける多店舗経営成功のポイントと注意点

フランチャイズビジネスにおける多店舗経営成功のポイントと注意点

フランチャイズビジネスにおいて、多店舗経営は大半のチェーン店のオーナーの目標ではないでしょうか。一般的なフランチャイズビジネスの形態は、ある企業の加盟店、1店舗に対して、一人のオーナーが契約するというのが支流ですが、中には、多数の企業と契約を交わし、全国に多店舗展開することで、莫大な利益を出している経営者も存在します。その一方、多店舗展開したことによって、一つの事業もままならなくなり、極端な話、すべての事業が失敗してしまうというリスクもあります。そこでこのページでは、これからフランチャイズビジネスを始めようとしている方、また多店舗経営に興味がある方を対象に、多店舗経営のメリット、成功のポイントと注意点について紹介します。

フランチャイズ多店舗経営のメリット

例えば、夢であった自分のお店を開業し、その店舗が軌道に乗り利益が安定して確保できるようになってくると、2号店、3号店を出し、さらに利益を出したいと考えるのは、大半のオーナーにとって普通のことではないでしょうか。そこでまず、フランチャイズビジネスの多店舗経営によるメリットについて紹介します。 一つ目のメリットとしては、仮に地域密着型で事業を展開していく場合、店舗数が増えるごとに、その店の知名度も同時に上がっていきます。一度、ある程度の顧客をつかみ、どの店舗でも同じ質の商品、サービスを提供することができれば、自然と利益につながっていきます。 また、業績の良い店舗と悪い店舗が出てきてしまった場合でも、双方の比較がしやすいため、問題点や改善点をすぐに見つけることができるので、問題の早期解決につながり、円滑に運営を進めていくことができるのも多店舗経営の大きなメリットです。

「フランチャイズ経営のメリット・デメリットを知っておこう」はこちら

多店舗経営成功のためのポイント

一歩一歩着実に。

フランチャイズビジネス、一般事業に問わず、多店舗経営で成功するためには、まず1店舗目の事業で着実に結果を出すことです。いうまでもなく、一つの事業も成功できない経営者が二店舗、三店舗目で利益を出すことは不可能です。フランチャイズだから本部がバックアップしてくれるからといって調子に乗って複数店舗を展開しようとすると、その分失敗した際の損失も大きくなります。つまり、まず一つ目の事業を軌道に乗せ利益を確保することに力を入れましょう。そして、その店舗経営が安定し、利益が出始めたら、多店舗経営を視野に入れていきましょう。

経営者としての意識をしっかり持つ

フランチャイズビジネスの大まかな仕組みとして、一般的にフランチャイザーと呼ばれる企業本部から提供される、経営マニュアルや経営方針に従って、加盟店のオーナーは事業を展開していくわけですが、この構造上、オーナーは本部の下請け的な存在と認識されがちです。しかし、フランチャイズビジネスにおいて、本部と加盟店はあくまで独立した事業であると定義されるため、その加盟店のオーナーは一事業の責任者兼経営者となります。つまり、多店舗経営をするとなると、その分失敗のリスクが増えるに加えて、責任の重さもかわってくるので、しっかり一経営者としての自覚をもち、事業成功のためにはなにが必要なのか、なにを変えてゆくべきかなどをしっかり意識することが重要となってきます。

信頼できる人材づくり

実際に多店舗経営を展開していく際に必要不可欠なのが、各店舗に配置する店長もしくは責任者の教育です。仮にあなたが多くの事業を展開しているオーナーである場合、各店舗に毎日各店舗に顔を出して、指導、経営をするのは現実的に不可能です。一般的に店舗運営を行う上で、オーナーがひとりで取り仕切れる店舗数は3~5店舗が限界であると言われています。そのため、経営者がその店舗に不在の時でも、その店舗があなたの経営方針に忠実に則って運営させて行くためにも、信頼できる人材づくりが必要となってきます。

多店舗経営展開の設計図を描く

多店舗経営を成功させるために必要なことの一つとして、その事業の将来的なビジョンを描く事です。具体的にどれくらいの数の店舗を経営したいのか、それらの店舗でどのくらいの収益が見込めるかなど具体的なプランを設定することで、モチベーション向上にもつながりますし、実際にそれらの目標が達成されなかった場合でも、その数字に近づけるための改善点の洗い出しや経営スタイルの見直しなどに積極的に取り組むようになります。

フランチャイズビジネスにおける注意点

フランチャイズビジネス全体に言えることですが、フランチャイズ契約上、同じ企業の加盟店を複数経営することは可能ですが、他企業で同業種のビジネスを行う事は厳しく禁止されています。これは契約の際に本部から提供される経営マニュアルや企業の業績などの機密情報漏洩を防ぐためです。また契約終了後でも、同業種での開業はできません。しかし、フランチャイズビジネスで学んだ成功ノウハウや指導方針などを他業種で生かすことはできます。また副業としてフランチャイズビジネスをしている方の中には、そこで学んだことを本業で活用している人もいます。

フランチャイズによる多店舗経営まとめ

一つの事業の経営にとどまらず、全国に店舗を多数展開して、莫大な収益を出しているフランチャイズオーナーは実際に存在します。これは多くののオーナーが望んでいることです。しかし、経営する店舗が増えるにつれて、リスク、失敗した時の損失も比例して大きくなります。多店舗経営で成功するためにはまず、一店舗目で成功することにまず集中し、軌道に乗りだしたら、二店舗目、三店舗目と着実に事業展開ができるように精進していきましょう。そして、最終的には多店舗を経営するビックオーナーになることを視野に入れながら、事業に取り組みましょう。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする