フランチャイズ相談所

フランチャイズ経営における「最低保証制度」とは?

フランチャイズ経営における「最低保証制度」とは?

フランチャイズを利用することで、個人で起業するよりも安全で簡単に起業することができます。しかし、フランチャイズを利用しても必ずしも企業に成功して利益を上げられるとは限りません。特に、起業の初期段階では経営を黒字化するのに時間がかかる傾向があり、オーナーにとって大変で不安が募る時期となっています。一部のフランチャイズでは、この期間に最低保証制度を実施し、オーナーの方が安心して経営に打ち込めるような仕組み整えてくれています。

フランチャイズによる起業

フランチャイズの最大の利点は、本部による手厚いサポートによって、企業や経営の知識、ノウハウがない未経験者の方でも安心して起業でき、個人で起業するよりも格段に成功しやすい点が挙げられます。フランチャイズによって加盟店登録するため、ある程度の制限や制約は課され、また、本部に対価としてロイヤリティを支払う必要はありますが、これらの欠点を覆すほどの大きな恩恵が受けられます。特に、起業時には経営ノウハウや知名度、商品力、集客力などの圧倒的なアドバンテージが得られることが特筆すべき利点です。 フランチャイズの利用によって起業時に多くの利点が得られ、比較的簡単に起業を成功させることができます。しかし、起業はフランチャイズを利用したからといって必ずしも成功するほど、経営は甘くはありません。起業当初はうまくいっても段々と行き詰ることや、最初から躓いてしまうことも十分にありえます。ただ、一部のフランチャイズではそのような万が一の場合に備え、最低保証制度を実施し、オーナーがより安心してフランチャイズを利用できるように手厚いサポート体制を整えています。

最低保証制度とは?

最低保証制度とはその名の通り、経営や運営に必要な最低限の保証をしてくれる制度です。フランチャイズでは本部にロイヤリティを支払う必要があり、実際の売上げからロイヤリティを引いた金額が売上総利益となります。そして、売上総利益から運営にかかった人件費や光熱費、諸経費などを差し引いた額がオーナーの実際の収入となります。最低保証制度では、店舗の経営を行うのに必要な経費を保証してくれ、経営の補助をしてくれます。最低保証制度はコンビニなどで主流となっており、適用期間や保証額などは各フランチャイズなどで異なります。

事業が軌道に乗るまでの保証制度

この最低保証制度は特に起業時にありがたい制度となっています。フランチャイズでは十分な研修制度が実施され起業に関する手厚いサポートを受けられますが、研修と実際の経営はやはり異なり、すぐに成果を得られることは少ないです。そのため、経営を黒字化するためにはある程度の期間が必要です。最低保証制度が無いと、黒字化するまでの期間は経営が非常に大変となるうえ、起業時の赤字によって負の連鎖が生じてしまう可能性もあります。しかし、最低保証制度があると、経営に必要最低限な資金は確保できるため、店舗経営に専念できます。そして、比較的早い段階で黒字化へ転じることができるのです。この最低限経営に必要な金額が確保できる点は、起業時にはとてもありがたいメリットとなっています。

最低保証制度の注意点

最低保証制度は「最低保証」という名称によって、オーナーの収入を最低限は保証してくれる制度だと誤って認識している方が多くなっています。最低保証制度で保証するのは店舗の経営であって、断じてオーナーの収入や生活の保証ではありません。つまり、最低保証制度によって店舗経営は続けられなくなることはありませんが、オーナーの生活が厳しくなる可能性は十分にあるのです。

あくまで店舗経営の保証

最低保証制度は、経営が軌道にのって黒字化するまでのサポートという風に考えた方が良いかもしれません。最低保証制度が適用される期間に実務をこなしながら実際に経営手法を学び、経営者としてのスキルを磨くことに専念しましょう。そして、少なくとも最低保証制度の適用期間が切れるまでには、経営を軌道に乗らせて黒字化を成功させることを実現しましょう。 最低保証制度はあくまで起業時に躓いて初期段階から経営が回らなくなるリスクを避けるための1つの補助的な制度であって、保証がいつまでも続くことはありませんし、オーナーの収入を保証してくれる制度でもありません。ただ、最低保証制度自体はオーナーにとって不利益になることは一切なく、うまく活用出来たら非常に頼もしい制度です。起業時は最低保証制度の利点を活かし、なるべく早い段階で黒字に好転させる努力を惜しまないようにしましょう。

「社会保険の加入は必須!?起業したら知っておきたい社会保険のこと」はこちら

最低保証制度の適用例

最低保証制度はコンビニなどで多く実施され、年間で2000万円近くの金額が保証されることもあります。この金額は一般的なサラリーマンの年収と比べて非常に高く、一見するとかなり多額に思えます。しかし、光熱費や人件費、廃棄などで想像以上に経費はかさみます。しかも、雑費もかなりの金額を占めます。 たとえば、コンビニで月に150万円ほどの最低保証があった場合を例にとってみます。まず、人件費によって最低でも70万円程度、そして廃棄によって原価換算でも30万円程度、さらに光熱費より30万円程度ずつかかります。この時点で約20万円ほどしか残らないのです。さらに、備品、必要経費、在庫費用、過不足金などもそれぞれ5万円程度かかり、150万円を超え、保証金額で採算が取れることはありません。特に、備品などは想像以上にお金がかかり、経営を圧迫する要因となっています。 このように、月に多額の最低保証があっても、お店を運営するだけで消えてしまいます。最低保証制度の金額が一見すると多額だからといって気を抜かず、早期段階での黒字化を目指すことが重要です。

まとめ

最低保証制度は店舗経営を最低限保証する制度であって、オーナーの収入や生活を保証するものではないことに注意しましょう。最低保証制度の保証金額が多額でも、人件費や光熱費、廃棄、雑費などが想像以上にかさむため、保証金額で採算が取れることはありません。保証金額の多額さに惑わされないようにしましょう。ただ、最低保証制度自体はオーナーにとって不利益になる点は一切なく、むしろ、オーナーをサポートするためのありがたい制度です。経営が軌道に乗るまで大変な起業初期段階は最低保証制度を最大限に活用して、早い段階で経営を黒字化することに専念しましょう。

フランチャイズ経営における「最低保証制度」とは?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする