フランチャイズ相談所

フランチャイズ経営でよくある4つのトラブルと対策をご紹介

フランチャイズ経営でよくある4つのトラブルと対策をご紹介

フランチャイズビジネスをこれから始めようと考えている皆さん、実際に事業を始める前にフランチャイズ経営において頻繁に起こりうるトラブルとそのトラブルの対処法について知っておくことはビジネス成功のために重要な事の一つです。このページではフランチャイズビジネスにおいて以下の四段階で生じうるトラブルとその対処法について紹介します。

1,FC加盟募集段階でのトラブル

 

フランチャイズ本部が個人事業主に対して加盟を促すための営業勧誘をし、契約を締結する前の段階では比較的双方にトラブルが生じることは少ないです。というのも個人事業主はその企業とフランチャイズ契約を望まないのであれば断ればいいだけの話だからです。しかし、これから実際にフランチャイズビジネスを始めようとしている方は契約時に気を付けなければならないことがあります。

説明をしっかり聞き、不当な勧誘に注意しよう

勧誘の営業は殆どがその企業の人間が行っているのが普通ですが、中には本部から雇われた本部以外の人間がフランチャイズ契約のための営業を行っているケースがあります。そのような場合、本部とその営業マンの情報共有が万全に行われていない場合があり、説明される際に不備があり、それが今後のトラブルに繋がるケースも存在するからです。契約時はその営業マンが本部の人間であるか、説明は十分であるか、これらのことに注意しましょう。 また不当な勧誘にも気をつけてなくてはなりません。個人事業主が契約を断っているのにもかかわらず執拗に契約締結を迫ってきたり、信用に欠く内容などを提示してきた場合は、ただ単に営業ノルマ達成のためか、もしくは詐欺である場合も十分に有り得るので、契約する際はしっかり自分の意思を示しましょう。

2、FC契約締結段階のトラブル

フランチャイズビジネスを始めようとして、いざ契約を締結する際、様々なトラブルが生じる可能性があります。契約をする段階で企業本部は個人事業主に対して数多くの資料を提示することになっています。たとえば、そのフランチャイズビジネスによってどれくらい儲かるかを示す収支予測資料、またどれくらいの顧客は見込めるかなどの予想来店顧客数の資料など、契約を締結する際にとても重要な資料が提示されます。フランチャイジーはこれらに細心の注意を払って目を通さなければなりません。しかし、それらの資料で提示された情報と実際にビジネスを始めてからの収益、顧客の数に相違が合ったとしても、フランチャイジーは本部を訴えることはできません。というのもフランチャイズビジネスにおいて本部と加盟店はあくまでそれぞれ独立した事業と定義されるので、仮に経営が上手く行かず、赤字が出てしまっても本部に責任を問うことはできません。

本部の不当行為に気を付けよう

フランチャイズ本部に不正が発覚した際や法令違反行為があった場合のみ、加盟店オーナーは本部に対して訴えを起こすことができます。

  • 中小小売商業振興法に定める事項についての説明の欠如
  • 契約の根底をなす重要な事項についての説明の欠如
  • 虚偽、もしくは誇大な説明が合った場合
  • 民法で定める詐欺行為、不正行為等に該当する場合

以上に挙げた4つのポイントで企業本部が不正行為や法令違反をしていないか判断しましょう。

3,FC契約後のトラブル

フランチャイズ契約後に起こりうるトラブルは主に金銭的な問題です。そもそもフランチャイズビジネスの契約はフランチャイザーと呼ばれる企業本部と加盟店オーナーになるフランチャイジー双方にメリットが出るような仕組みになっています。その際、フランチャイジーは企業の看板、経営マニュアルなどを借りるための対価として、加盟金やロイヤリティを支払うことになっています。特にロイヤリティは毎月本部に収めなければならないので、支払いができなかった場合や、滞ってしまうとトラブルの原因になりかねません。

ロイヤリティの内訳を把握しよう

加盟店のオーナーはそのロイヤリティとして納めたお金がどのように使われているのかの内約を把握する必要があります。先ほども述べたようにロイヤリティは本来、本部が提供する商標や経営マニュアルの対価として支払われますが、本部側に欠陥があった場合などそれが原因でトラブルになってしまうからです。フランチャイズ本部から充実したサービスが確実に提供されているかを確認することも加盟店オーナーの重要な仕事です。

4、FC契約途中、契約期間終了後のトラブル

 

フランチャイズ契約には一定の契約期間が設けられていますが、やむを得ず契約期間中途解約が生じてしまうケースもあります。解約に至るまでのパターンは二通りあり、一つ目が本部と加盟店間で何か問題が生じ場合に双方当事者による合意解約と、一方当事者による解約です。トラブルが生じやすいのは言うまでもなく後者です。加盟店のオーナーのロイヤリティ未払いや本部との信頼関係の崩壊、また契約違反などが大きなトラブルに繋がる引き金となります。

「事前に知っておきたいトラブル対処法とフランチャイズ脱退の仕方をご紹介」はこちら

契約内容を確認しよう

フランチャイズ契約が満期になり契約が終了した後でも加盟店のオーナーは一定の規則に従わなければなりません。主に秘密保持義務と競業避止義務です。秘密保持義務は、フランチャイズ本部から提供されていた経営マニュアルや売上などの情報を漏洩させてはいけないという義務です。競業避止義務というのは、加盟店のオーナーが、フランチャイズ経営を退いた後に新しく事業を始める際、同業種の事業を展開することを制限するための義務です。契約が終了した後でも一事業の経営者としての自覚を持ち続けて、義務を果たしトラブルを起こさないように心がけましょう。 以上、4つの段階においてこりうるトラブルを予め認識して、トラブル防止につなげましょう。

フランチャイズ経営でよくある4つのトラブルと対策をご紹介

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする