フランチャイズ相談所

フランチャイズは未経験でも可能?研修制度の内容や気になる研修費は?

フランチャイズは未経験でも可能?研修制度の内容や気になる研修費は?

フランチャイズビジネス最大の魅力とは、素人や未経験者であっても比較的事業が始めやすいという点です。

その理由は、契約を結んだ企業本部(フランチャイザー)が加盟店のオーナー(フランチャイジー)に対して、開業のための研修や、断続的なサポート、経営マニュアルの伝授などしっかりしたバックアップがあるからです。そのため個人で独立して開業するよりもリスクが低く、事業の成功率も上がってくると言われています。

ここでは、フランチャイズビジネスにおいて、本部が行う研修制度について紹介して行きたいと思います。

フランチャイズって本当に未経験でも可能?

先ほども述べましたが、フランチャイズは個人での開業と比較して、未経験でもはじめやすいと言われています。しかしそれがどこまで本当なのか、正直気になりますよね。

ということで、未経験者にとってフランチャイズ開業にはどういったメリットがあるのか、まとめてみました。

資金調達|未経験者のフランチャイズ開業のメリット

未経験者であろうが経験者であろうが、ビジネスを立ち上げる際の最重要課題が資金調達です。勿論事業計画や開業準備も非常に大切ですが、それも充分な資金があってこそです。練りに練った事業計画が完成したとしても、それを実現するための資金が手元になければ、開業は実現しません。それゆえ開業を志す方にとって最も頭を悩ませる問題であるとも言えます。

フランチャイズ開業は、比較的銀行からの融資を受けやすいと言われています。それは融資の依頼を受けた銀行は、資金の使い道やそれがどういった計画に基づいたものなのかを具体的に知ろうとするからです。未経験の方が、資金の用途や事業計画を説得力をもってアピールするのは容易ではありませんよね。しかしフランチャイズの場合、本部が膨大な量の開業データを持っているので、具体的な経営プランを立てやすいのです。よって銀行からの理解を得やすいということに繋がります。

また個人での経営に比べ、設備投資や仕入れコストが比較的抑えられるというメリットもあります。大手コンビニチェーンのセブンイレブンでは、国内店舗数が2万店を越えています。多くの店舗を抱えているフランチャイズ本部は、大量仕入れ・大量生産が可能なので、その分1つあたりの製造コストや流通コストが抑えられるというわけです。

しかし諸々のコストが抑えられるかわりに、契約時の加盟金や、毎月のロイヤリティの支払いが発生しますので、個人での開業に比べ圧倒的に安く抑えられるなどというわけではありませんのでご注意ください。

有益情報の享受|未経験者のフランチャイズ開業のメリット

資金面以外では、有益な情報を本部から享受出来るというメリットもあります。また、大手の経営マニュアルを知ることが出来たり、アドバイスやサポートを受けることも出来ます。経営サポートはほとんどの場合加盟金に含まれているので、追加料金などは基本的には必要ありません。積極的に本部からアドバイスをもらうことが、ビジネス成功の鍵かもしれませんね。

他にも、大手の看板力や知名度、ブランド力などはフランチャイズならではの強みですので、未経験ゆえ個人での開業には不安があるという方にとっては多くのメリットがあると言えそうです。

しかし、本当に未経験者でも経営可能なのかまだ不安に感じられている方もいるかもしれません。そんな方に参考にしていただきたいのがフランチャイズ開業前に受けられる研修制度についてです。ここからはその研修制度の内容や期間、形式などについてまとめていきたいと思います。

フランチャイズ本部による開業前研修

未経験の方が初めて一事業のオーナーとして店舗を経営するとなると、不安や心配事があるのは当然のことです。そんな悩みを極力取り除くべく、フランチャイズビジネスでは契約締結後に本部の直接的な研修を受けることができるのです。

実際に開業する前に研修を受け、必要な経営スキルや知識を身に付けることができるので安心ですね。

気になる開業前研修費は?無料?

本部による研修は基本的に無料で受けることができます。とういのも、その研修費用は契約時に本部に支払うフランチャイズ加盟金に含まれている場合が多いからです。

企業によっては追加の研修やセミナーがあり、それには自由に参加することができますが、高額な教材費の購入を一方的に迫ってきた場合や内容に信頼にかける場合は注意しましょう。

大切なのは、開業前研修の有無やその内容、研修費などについて、契約前にしっかりと本部に確認しておくということですね。

開業前研修の内容・目的

フランチャイズビジネスの業種や業界によっては研修の内容は異なりますが、どの業界にも当てはまる研修の目的は、一事業を任せることができ、信頼関係が結べる経営者を育成することです。

飲食系のビジネスの場合、飲食店経営の知識や運営のノウハウの伝授、コンビニ系のビジネスの場合は、店舗での従業員の育成方法や教育の指導方法を伝授することがあります。また一般的な内容として商品やサービスの向上、接客・運営のスキル、マネジメントなどが主に研修で身につけるべき内容となっています。

全国に多店舗展開している事業の場合は、全店舗での統一した経営、サービスの質を保つ事が必要なため、それが達成できるまで研修を通してしっかりと技術を身に着けていきます。

研修の期間・種類

研修期間も、フランチャイズビジネスの業種、業界によって異なりますが、数日で完結する研修もあれば、数週間、数カ月に渡る研修を行う本部もあります。フランチャイズ本部の経営のノウハウ習得の難易度や内容によって期間は変わってきます。

特に飲食店系のビジネスの場合は、調理、接客等の専門的なスキルが必要とされるので長期間の研修を設けているところが多いです。 研修の方法にはいくつかの形式があります。

講義形式

まず講義形式の研修では、加盟店のオーナーになるフランチャイジーが本部などに召集され大きな部屋で本部の人間によるセミナーや講義を受けます。そこで必要な知識、経営ノウハウなどを学びます。

実戦形式

そして実戦形式の研修では、実際に事業を行う店舗にて、本部の人間指導のもと実践的なノウハウ、経営のスキルを習得します。 その他にも、同時期にフランチャイズ経営を始めることになっている人が研修施設などに集められ、泊りがけで集中的な研修を受けることもあります。

断続的な指導、SVの訪問

実際に事業を始めてからではないとわからない問題や課題もあります。そのため開業前研修とは別に、本部が加盟店のオーナーに断続的な指導、教育をするというシステムもあります。

たとえば、加盟店がなかなか軌道に乗らず赤字が続いてしまったり何か問題が生じてしまった場合、本部からのサポートを受けることが出来るのです。

また定期的に実施される、本部のスーパーバイザー(SV)の訪問時には、運営の見直しや、問題の指摘、解決などのサポートを受けることができます。この他にも電話相談などの対応を取り入れている企業もあります。未経験者にはとくに心強いサポートですよね。

「今の時代に知っておきたい就労移行支援と就労継続支援の違い」はこちら

研修の意義

冒頭でも述べましたように、フランチャイズビジネスは企業本部(フランチャザー)とオーナー(フランチャイジー)双方の信頼関係なしには成り立ちません。

加盟店のオーナーは企業の看板を背負って事業を行っているわけですから、その看板に泥を塗るような単独的な行動は避けなければなりません。入念な研修によって、経営ノウハウや知識の伝授だけでなく、信頼関係を結ぶことも重要なことの一つです。

研修を通して信頼関係が深まることで、より有益なアドバイスやサポートを受けられるということにも繋がるかもしれませんね。

まとめ

さて、今回は未経験者でもフランチャイズ開業は可能なのかという点や、研修制度の内容などについてご紹介しました。

新しい事業を始めるとなると、誰でも最初は不安に感じることもあるでしょうし、実際に経営を始めてみないと見えてこない課題や問題等もあります。そんな時に契約を結んだ企業本部がしっかりバックアップしてくれるので安心して自分の店舗の経営に集中できます。

どのような研修を行っているのか、研修の質はどの程度のものなのかを考えることはフランチャイズ企業を選ぶ際に重要な判断材料となるので、しっかり判断して、自分に適した最善の企業を選びましょう。

フランチャイズは未経験でも可能?研修制度の内容や気になる研修費は?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする