フランチャイズ相談所

フランチャイズ経営において手付金・加盟申込金は返金可能?

フランチャイズ経営において手付金・加盟申込金は返金可能?

フランチャイズ(FC)では本契約に至る前に、「加盟申込金」と呼ばれる手付金に相当するお金を支払う必要があることを知っていましたか?この加盟申込金の実施の有無やその金額は各FC本部によって異なるうえ、本契約に至らなかった場合の加盟申込金の返還の有無も状況や各FC本部によって変わってきます。

ここでは、加盟申込金のシステムを深堀っていき、加盟申込金の目的や役割を紹介していきます。また、加盟申込金関連で生じやすいトラブルも紹介していきますので、FC起業を考えている方はぜひ読んでみてくださいね。

フランチャイズで支払う必要があるお金

FCでオーナ側が支払う必要のあるお金は主に、加盟金とロイヤリティの2つです。加盟金は加盟店登録するために必要なお金で、一度だけの支払いですが、まとまった額を支払う必要があります。一方でロイヤリティは高額ではありませんが、本部に月々支払う必要があります。加盟金とロイヤリティはオーナー側の出費としてかなり大部分を占めることとなるため、FC契約時に最も注意すべきお金の1つです。


しかし、この2つ以外にも細々とした月々の雑費や見落とされがちな大きな出費があり、無視できなくなっています。

研修費

まず、研修費です。FCでは未経験の方でも起業や経営が滞りなくできるように研修が行われます。研修費は起業前後のオーナーや従業員のための研修にかかる費用となっています。

「知っておくべきフランチャイズ本部の研修制度」はこちら

補償金

次に、補償金です。商品の仕入れやロイヤリティなどの支払いの担保として補償金を支払う必要もあります。補償金なので返還されるため、実質的な損害はありませんが、一定額を前もって準備する必要が生じます。

物件費・人件費等

さらに、物件取得費もかかります。出店する店舗をテナントで借りる場合、敷金や礼金はもちろん、仲介手数料や補償金なども発生します。また、内外装、設備費も必要となります。取得した物件をフランチャイズ本部指定の内装規定に従って工事する必要もあるのです。さらに、人材の採用や人件費にもお金が必要となります。特に、人件費は月々支払う必要のあるお金でかなりの額となります。これら以外にも、広告宣伝するための費用や備品代、保険代なども必要となり様々なお金が必要となります。

FCでは、特に、起業前後に多くのお金が必要となります。そのうえ、一部のFCでは、本契約に至るまえにもお金を支払う必要があります。それが加盟申込金です。加盟申込金は10~50万円程度で加盟契約時に必要となる手付金のようなものです。本契約に至れば、加盟金に充当されるため、加盟申込金の有無による不利益は特にありません。

加盟申込金とは

FCでは、加盟契約をした後に本契約へ至ります。加盟契約では本格的な出店計画案の作成や物件紹介、立地の診断などが実施されます。これらが決定して、FC経営のおおよその計画が定まった後に本契約へ移ります。つまり、加盟契約は正式にFC契約を交わす前に行われる仮契約のようなものとなっています。仮契約みたいなものですが、FC本部は出店計画の立案や物件探しなどのサービスを提供しているため、一部のFC本部では加盟申込金を請求しています。

加盟申込金の相場は10~50万円と決して安くはありません。しかし、本契約後は加盟金に充当されるため、本契約に至る場合、加盟申込金の支払いによる不利益は一切ありません。ただ、本契約に至らない場合には注意が必要です。加盟申込金は手付金のようなものですが、前金よりも「内金」と呼ばれるものに近く、返還されないことが多いです。特に、加盟申込者による辞退の場合、原則として返還されることはありません。ただ、本部の事情による契約の見直し等では、加盟申込金は返還されることもあります。

加盟申込金の役割と注意事項

加盟申込金は単なる手付金としての役割だけではなく、立地診断や本部との交渉権の取得などへの対価としての役割も持ちます。加盟申込金を支払うことで、本部から売上予測等にもとづいた事業計画が提案されます。また、加盟申込金を支払うことで、本部は他の加盟希望者と交渉せず、加盟申込金支払い者とのみ交渉を進めることとなります。つまり、加盟申込金は本部との独占交渉権や優先交渉権の対価としての役割も持つのです。このように、加盟申込金には「立地診断」や「交渉権」などへの対価としての役割も担います。

加盟申込金は返還されない場合もあり、一見すると不合理なお金の要求のように思えます。しかし、上記のように一定の対価性が見込め、非常に合理的な仕組みとなっています。加盟申込金自体は決してマイナスな要因のみではありません。ただ、加盟申込金が請求された時は、加盟申込金の目的とその金額が適切なものか確認しておく必要があります。

まず、金額を確認しましょう。加盟申込金は加盟金を越えて請求されることはありません。加盟金を越えた額を請求されたら、要注意し、契約自体を考え直した方が良いかもしれません。次に、加盟申込金の趣旨や加盟金への充当、返還の有無などもしっかり確認しておきましょう。また、加盟申込金にも有効期限があります。有効期限を確認のもと、本部が加盟申込金支払い者にどのような具体的サービスを提供してくれるのかも始めに確認することが大切です。

加盟申込金 まとめ

加盟申込金は一部のフランチャイズで実施されている本契約前の手付金のようなものです。基本的に返還されることはありませんが、本契約に至れば加盟金に充当されるため、本契約に至る場合は一切デメリットはありません。本契約に至らない場合は基本的に返還されないため、一見すると不合理に思えますが、加盟申込金には立地診断や交渉権の優先などへの一定の対価性が認められ、非常に合理的なお金となっています。

加盟申込金を支払う際は、まず、その金額や趣旨、加盟金への充当、返還の有無をしっかりと確認しましょう。また、加盟申込金にも有効期限があるため、その期限と、期間中に享受できるサービスの具体的内容をきちんと確認しておきましょう。

フランチャイズ経営において手付金・加盟申込金は返金可能?

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする