フランチャイズ相談所

フランチャイズって実際儲かるの?成功の秘訣と経営収入の仕組み

フランチャイズって実際儲かるの?成功の秘訣と経営収入の仕組み

たとえ大手の有名大企業に勤めているからといって、雇用者の会社に対する満足度がいつも高いわけではありません。その要因のひとつとして、従業員に対して不当な雇用体制や業務内容を課すいわゆる「ブラック企業」という社会的な問題が明るみに出てきていることが挙げられます。

その影響もあってか、近年企業に雇われている一般的にサラリーマンと呼ばれる従業員は、より良い雇用条件や労働環境を求めて「転職」や「脱サラ」をする傾向になってきています。そこで「脱サラ」をして個人事業を展開する一つの形態として今注目を集めているのがフランチャイズ経営です。

果たして実際にフランチャイズで十分な利益を得ることは可能なのでしょうか?またフランチャイズ成功のための秘訣をここで紹介していきます。

フランチャイズとは|通常の独立開業との比較

フランチャイズとは
本部(フランチャイザー)にロイヤリティを支払う代わりに、加盟店の高い知名度やブランド力の恩恵を受けることが出来るビジネス形態のこと。またオーナー(フランチャイジー)にとっては、経営方針、経営マニュアル、またその企業の商品を売買する権利も享受できるという利点があります。本部も加盟店からロイヤリティが得られるという利点があるので、お互いの利害の一致よってフランチャイズ経営は成り立っているといえます。

たとえばフランチャイズと聞いてまず思い浮かぶのがコンビニエンスストアという方が多いと思いますが、そのコンビニ業界最大手であるセブンイレブンは日本国内の店舗全てがチェーン店であるわけでなく、一部の店舗は個人に経営が委託されたフランチャイズの加盟店なのです。

独立して個人で起業するとなると、開業資金の調達、専門的スキルの習得、経営マネジメントなど、なにもない状態から始まるため、労力と膨大な資金がかかることに加え、成功率も比較的低く、全て自己責任でリスクを負わなければなりません。なるべくそういったリスクを軽減したいという方にとっては、フランチャイズビジネスの方が比較的始めやすいと言われています。

しかしそうは言えどもフランチャイズビジネスって本当に儲かるのでしょうか。また経営を成功させるためにはどのようなことに注目するべきかなどをこれから紹介していきます。

フランチャイズ経営収入の仕組み

紙幣と硬貨

フランチャイズビジネスの経営者は企業本部と契約を結び経営マニュアル、企業の商品を売買する権利などを使用しているため、ロイヤリティと呼ばれる対価を本部に対して毎月支払はなければならなりません。そのため、店舗で出た粗利(儲け)が全て経営者に入るわけではもちろんありません。ではフランチャイズビジネスの経営者はどのようにして儲けを出す仕組みになっているのか考えていきましょう。

フランチャイズオーナーが得る収入

フランチャイズオーナーの収入はどうやってはじき出されるのか、具体的な数値にあてはめてご説明したいと思います。

たとえば月に1000万円を売り上げるフランチャイズ加盟店があるとします。しかし商品の仕入れに600万円の費用がかかったとすると、その加盟店の粗利益は以下のようになります。

1000万円(売上)ー 600万円(仕入れ)= 400万円 (加盟店の粗利)

これが1ヶ月あたりのそのお店の粗利益です。しかし加盟店はその中からロイヤリティを本部へと支払わなければなりません。また、光熱費、人件費など営業にかかった様々な経費もここから引かれます。規定のロイヤリティが粗利の30%であると仮定するとその月のロイヤリティの支払いは120万円(400万×0.3)となり、さらに水道光熱費や人件費など諸々の経費に200万円かかったとすると、

400万円(粗利)ー 120万円(ロイヤリティ)ー 200万円(経費)= 80万円

となり、残った80万円がオーナーの収入となります。もちろんこれは仮定の話なので、売上の大小や人件費などによって大きく変わりますし、経営がうまくいかなければこれがマイナスになる場合もないとはいえません。売上を増やすことはもちろんですが、経費をいかに減らせるかによって経営者であるあなた自身の収入も大きく変わっていきます。 

フランチャイズ経営【成功の鍵】について分析

チェックリスト

先ほども述べましたが、フランチャイズビジネスを始める際、すぐにビジネスを始められる環境が整っているため、個人起業より金銭面からしても断然取り組みやすいですし、大きな企業の看板を背負っているためリスクも少なく、比較的容易に儲けやすいと感じている人も少なくないでしょう。以下は、「教えて!goo」に寄せられた「フランチャイズは儲かるのですか?」という質問に対しての回答の投稿を引用・抜粋したものです。

そこ(フランチャイズ加盟店舗)で収益性が高く、事業も順調に推移すれば、ロイヤリティ負担も苦にならず、FC本部もフランチャイジーもハッピーなわけで すが、そんなうまい話は残念ながらまずありませんし、そういうものがあったとしても競争社会の市場原理でそのロイヤリティは高くなるでしょうし、参加者が殺到して審査が厳しくなるのが道理です。(MK1さんの回答)
儲かるかどうかは、本人次第です。独立する場合、ノウハウをどこから得るかが問題になります。それを短期間で得られるFCにはそれなりのメリットがあるでしょう。ある程度の期間をFCで経験を積み、その後に独立というのも有りだと思います。( nbd00115さんの回答)
FC次第ですよ。初期投資が少ないFCは売り上げも少ないですね。(umikozuさんの回答)

このようにフランチャイズビジネスについてマイナスな意見もありました。企業、業種によって個人が契約を結び加盟した際に支払うフランチャイズ料は異なりますが、その額に比例してビジネスの収益量も変わってくる傾向にあると考えられています。フランチャイズも一つのビジネスなので、必ず儲かるか否かは一概には言えず、最終的にはフランチャイズ本部、そして経営者次第となります。

フランチャイズで儲けるために必要な5つのポイント

ということでフランチャイズで成功して儲ける可能性を少しでも高めるめにはどのようなコツがあるのか、早速考えていきましょう。

1.フランチャイズ本部の選定

フランチャイズ開業を目指すにおいて、その後の成功の可能性に大きく関わる最初のポイントが、フランチャイズ本部(フランチャイザー)の選定です。本部の選定とは、つまり業種・業界・企業の選定。

たとえば「業種は小売業で、コンビニ経営にしよう」「コンビニならセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、それ以外…どのコンビニで起業するべきか」といったことをまず決めなければなりません。

フランチャイズの経営者として事業を成功させるために、まず自分の経営方針に適したフランチャイズ本部を選びましょう。その本部がどれほどの経営実績があるかは勿論重要ですが、その企業の経営理念に共感できるか、自分の目的に合致する条件がその企業にあるのかをまず判断して加盟するフランチャイズ本部を選びましょう。

2.フランチャイズ展開している業種・業界の分析

フランチャイズ展開をしている業種はおおまかには【小売業】【外食業】【サービス業】にわけられ、それぞれ以下のような業界があります。

【小売業】
スーパーマーケット/コンビニエンスストア/100円ショップ/金券ショップ/本屋など

【外食業】
ファーストフード店/ファミリーレストラン/定食屋/牛丼屋/ステーキ屋/ラーメン屋など

【サービス業】
クリーニング店/コインランドリー/タクシー運転手/家事などの代行業など


フランチャイズ展開をしている業種はここで挙げた以外にも多種多様で、近年更に増加傾向にあります。

よって具体的にフランチャイズの経営スタイルを取り入れている企業を調べるためには、日本経済新聞などの広告を活用したり、日本フランチャイズチェーン協会のホームページから、協会公認の企業を調べるといった必要があります。

また企業のパンフレットを取り寄せたり、実際に本部を訪問して、そこの経営者や責任者と面談をするといったことも可能です。東京や大阪といった主要都市では、毎月定期的にワークショップや説明会を開催している企業も数多くあるので、それらに積極的に参加して情報収集をしましょう。

3.経営者としての意識を持つ

個人で開業した事業とは異なり、フランチャイズビジネスの経営者は本部からの経営マネジメントや経営方針について指導、教育を受けることになります。独立した企業の経営者であるにも関わらず、本部企業の下請けを担うような関係となりがちです。

しかしあくまでフランチャイズビジネスの経営者は独立した事業のオーナーという役割を担うため、そこの店舗の経営マネジメントや運営、管理などの責任を持つことが必要とされています。

高い利益を出しビジネスを成功させるためには、本部からの指示をただ待つのではなく、率先して経費削減、無駄の解消などの業務をする経営者としての高い意識を持つことが重要です。統計的にも、自分の店舗を自ら経営、運営するという高い意識を持った経営者のいるフランチャイズ加盟店は高水準の利益を出しています。

4.人材の育成

どんな企業や店舗でも人材の育成はビジネス成功の要となります。フランチャイズ店舗でも同様です。特にフランチャイズ店舗で必要とされる人材育成とは、日々の徹底した業務オペレーションを行う社員・アルバイト・パートの経営マニュアルの教育、今後事業をさらに展開していき、他店舗経営をするために、信頼のおける経営幹部を育成することなども必要とされています。これらの仕事もフランチャイズビジネスの経営者に求められるスキルになります。

5.目標の設定

一般の独立起業の経営者にもあてはまることですが、目標を立てることはビジネスを進める上で重要な原動力になることは言うまでもないでしょう。フランチャイズ店舗の経営者になったら、事実上、独立したオーナーになるので、その店舗をどのようにして展開して収益率を上げるのか、どのような職場づくりをしたいのかなどの目標を立てることもフランチャイズビジネス成功の一つのカギになります。明確な目標を設定することで、経営者や職場全体一人ひとりの労働意欲の向上にも繋がります。

「準備が起業の成功を左右する!起業の準備期間に絶対にすべき7項目」はこちら

フランチャイズは儲かるのか|まとめ

一般的にフランチャイズビジネスは、個人で独立して事業を始めるより、すぐにビジネスを始められる環境が整っている上に投資金額も比較的安価なため、ローリスク、ハイリターンと考えられがちですが、フランチャイズも一つのビジネスであることには変わりないので100パーセント成功を収め、儲けることが出来るわけではありません。成功するか否かはフランチャイズ本部、加盟店舗経営社の力量次第なのです。

しかし、フランチャイズビジネスで成功を収めている多くの店舗に当てはまることは、そこのオーナーが経営者としての高い意識を持ち、自ら率先して運営、経営マネジメントに携わり、またそこで働いている他の社員やアルバイトなどの教育がしっかり行き届いていることに加えて、一つのビジネスとしての経営目的や目標がしっかり確立している店舗のフランチャイズビジネスの経営者が成功して、大きな儲けを出している傾向にあると言えます。

これからフランチャイズ経営を始めようとしている皆さんは、今回ご紹介した5つの」ポイントに注意して、自分だけのビジネスで成功を収めてみてはいかがでしょうか。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする