フランチャイズ相談所

フランチャイズ契約についての基礎を知ろう

フランチャイズ契約についての基礎を知ろう

サラリーマンなどの従業員として働くのではなく、経営者としてご自身で経営に携わりたい方も多いのではないでしょうか。起業に興味があるけど何から始めればわからないなどの悩みを持っている方も多いと思います。最近では、経営学の専門的知識が無くても起業ができ、起業が比較的簡単にできる方法が確立されています。この未経験者でも安心して起業できる方法の1つがフランチャイズ(FC)です。

FC契約を結ぶことで、経験や専門知識、ノウハウが乏しくても、起業を簡単に実現でき、そして、経営者として利益を生み出すことができます。 ここでは、そんなFCでの契約について深堀って紹介していきます。特に、FC契約時に注意すべき項目や契約書からわかる良心的なFCの見分け方なども説明していきますので、少しでもFCに興味がある方は参考にしてみてくださいね。

フランチャイズ契約とは

まず、FC契約とは「フランチャイザー」と呼ばれるFC本部とその加盟店である「フランチャイジー」による加盟店契約のことを指します。FC契約は加盟店登録の1つであり、契約である以上、権利と義務の2つが両者に生じます。FCでは、フランチャイザーは加盟金やロイヤリティを得られ、フランチャイジーは経営ノウハウや手厚い支援体制を享受できる、互いに利害の一致したWin-Winな関係性となっています。ここでは、フランチャイジーの視点に立った場合の主な権利と義務を紹介します。

フランチャイズ契約で発生する義務、対価

FC契約で発生する主な対価として、加盟金とロイヤリティが挙げられます。加盟金はFC契約をして、加盟店になるために必要なお金で基本的に最初の一回だけの支払いです。一方で、恒常的に支払い義務が発生するのがロイヤリティです。ロイヤリティは商号の使用や経営ノウハウを享受するために支払うお金で、契約後、毎月発生します。契約内容によって異なりますが、月々一定額支払ったり、売上から歩合制で支払ったりするものがあります。この他にFC契約で発生するお金に、違約金や中途解約に関する義務、競業避止義務などがあります。

フランチャイズ契約で得られる権利、恩恵

まず、フランチャイジーがFC契約で得られる第一の恩恵に、加盟店登録による商号やブランド力の享受があります。フランチャイザーのブランド力やネームバリューを借り受けることで、最初から顧客に認知され、集客が楽になる点が非常に有力です。ゼロからの起業と異なり、最初から認知されていることは開業段階で大きな助力となります。

次に、経営や運営のノウハウなどの提供による支援体制がFCの恩恵として挙げられます。この恩恵は、FC特有の特徴であると同時に、FC最大の魅力となっています。まず、この支援体制によって、起業に関する知識やノウハウが極端に少ない人でも、誰でも起業することが可能となります。起業時に必要な複雑な手続きなどを手伝ってもらえたりし、起業未経験者に嬉しいメリットとなっています。そして、すべての経営ノウハウが、他店舗などの業績を踏まえて最適化されたものである点にも注目です。良質で関連性の高いデータから最適化された経営手法があり、それをもとに丁寧に指導して貰え、大きく成功に近づくことができるのです。

フランチャイズ契約の特徴

FC契約は一見すると、互いに対価と恩恵だけの、単なる等価交換でのみ成立している関係に見えます。しかし、フランチャイザーは惜しみなく経営ノウハウなどを提供することで、また、フランチャイジーは経営指導にもとづいて経営をすることで、互いに利益が得られる仕組みとなっています。互いに協力し手を取り合うことでお互いの利益へとつながる、相乗的なシステムがFC経営なのです。

フランチャイズ契約書

FCは契約のもと成り立つため、契約書を書く必要があります。この契約書は一般の方にはわかりにくい部分も多いうえ、かなりの分量となっています。 また、契約書はフランチャイザーがフランチャイジーに課すため、フランチャイジー側の義務が多く記載されています。そのため、フランチャイジー側の義務ばかりで、不利な内容に見えるかもしれませんが、フランチャイジー側のリスクを軽減負担するための義務も多くなっています。

たとえば、違約金などの条項です。適切な違約金設定は各店舗での不祥事を防止、抑止し、本部のブランド力を保持することで、各加盟店への保護にもつながっています。つまり、全体のリスクマネジメントの観点で設定されているフランチャイジーのための義務なのです。ここでは、そんなリスク管理用の義務も含め契約書で注意する項目を紹介していきます。

支払う金銭の額

支払いが必要となる金銭の代表として加盟金、ロイヤリティ、研修費、システム使用料などが挙げられます。これらの金銭は安ければ良いというわけではなく、金銭に見合った額の恩恵を受けられるかが重要となります。本部のブランド力が高ければ加盟金も高くても良いですし、経営ノウハウや経営指導が手厚く丁寧に実施されるのならロイヤリティが高くても良いのです。逆に、得られる恩恵が少なかったら、支払い金銭が少なくても意味が無いのです。

契約期間と契約開始日

契約のスパンは各業種や各フランチャイザーによって異なります。一般に、契約期間が長いと、解約時に契約期間分の金銭の支払い義務が発生したりなどと、リスクが高まってしまいます。ただ、更新時に更新料などの費用がかかる場合もあるため、契約更新が短ければ良いというわけでもありません。 また、契約開始日にも注意が必要です。契約の開始日は各契約で異なり、契約日や店舗オープン日、物件探しの開始日などさまざまです。確認を怠らないように注意しましょう。

違約金

違約金はFC全体の利益保持のための抑止力、つまり、フランチャイジーのための義務の一つです。違約金の項目では、違約金が適切な金額に設定されているかを確認しましょう。違約金の額が低すぎる場合、フランチャイザーのリスクマネジメントの低さが疑われます。一方で、違約金が異常に高すぎるのにも注意が必要です。

中途解約での解約金

解約金もフランチャイズチェーン保持のための抑止力となっています。この解約金の額でもフランチャイザーのリスクマネジメントへの意識が伺えます。リスク管理の点に加え、万が一、解約する場合にも備え、しっかりと確認をしておきましょう。

「事前に知っておきたいトラブル対処法とフランチャイズ脱退の仕方をご紹介」はこちら

良心的なフランチャイズの見分け方

ほとんどのフランチャイザーはフランチャイジーにとって良心的なビジネスパートナーとなっています。ただ、一部のフランチャイザーでは、加盟金目当てなどの悪質で良くない業者もいるのが現状です。ここでは、良心的な業者とそうでない業者の見分け方や対策を紹介します。

良くない業者では、メリットを前面に誇張し、契約を催促する傾向があります。そもそも、FC経営も経営である以上、「絶対」はないため、急いで契約するよりも、しっかりと情報を吟味することが必要です。そして、情報を収集していく中で不明な部分があったら、積極的にFC本部に質問してみましょう。

良心的な業者は、親身になって説明してくれます。良心的な業者であればあるほど、FCのメリットはもちろん、デメリットも隠さず教えてくれます。FCは本部と加盟店の信頼性のもと成り立つため、良心的な業者は包み隠さずメリットとデメリットの双方を教えてくれるのです。

フランチャイズ加盟店と代理店の違い

店舗には本部直営やFCチェーン、販売店、代理店などの形態があります。ここでは、違いが分かりにくいFC加盟店と代理店の違いを紹介していきます。

代理店とは

代理店は、その名の通り、代理して取引をおこなう店舗のことです。あくまで代理なので、契約や販売時に生じる契約はお客様と代理先となります。つまり、仲介のみを行うのが代理店です。代理店では、メーカーや仕入先のサービスや商品を代理取引した際に生じる手数料が利益となります。代理店の主な例に、旅行代理店、保険代理店などがあります。代理店ではお客様との契約自体は直接行わず、仲介のみなため、比較的リスクを抑えた経営が可能となっています。

フランチャイズ加盟店と代理店の違い

FC加盟店も代理店も、自力で商品を開発、生産するのではなく、仕入れた商品を販売する点は似ています。ただ、経営に関して手厚い保護や恩恵を受けられるかどうかが異なります。FCでは加盟店に対して、経営のノウハウや最適化された情報を提供し、加盟店に手厚い恩恵を与えます。一方で、代理店では、確立された経営方針の指導などは一切なく、経営者自身の販売能力が経営を大きく左右します。 高い分析能力を最初から持ち合わせ、経営者としての知識や高い資質もある方なら、代理店のメリットを最大限に活かせるといえるでしょう。ただ、そのような経営者は一握りです。ロイヤリティなどの対価は必要になりますが、洗練されたデータやノウハウから経営指導が得られるFC経営の方が、確実に経営を成功へ導けるでしょう。

フランチャイズ契約の基礎 まとめ

FC契約はフランチャイジーが支払う対価(義務)と得られる恩恵(権利)に関する契約となっています。両者は対価と恩恵の等価交換の関係にありますが、お互いの利益のために協力し合う関係性でもあります。また、FC契約時の契約書では、支払う金銭に対して十分な支援が受けられるかや、違約金や解約金が適切な価格であるかを特に確認しましょう。もし不明な点などがあったら、本部にコンタクトを取り、質問してみるのもいいでしょう。良心的なFC業者であれば、詳細な説明やメリットの他にデメリットなども惜しみなく教えて貰えます。FC経営はフランチャイザーとフランチャイジーの協調経営とも言えるため、フランチャイザーとの良好な関係性を築くことが、FC経営成功の第一歩となります。

フランチャイズ契約についての基礎を知ろう

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする