フランチャイズ相談所

とにかく稼ぐ「メガフランチャイジー」になるには

とにかく稼ぐ「メガフランチャイジー」になるには

一般的なフランチャイズビジネスの特徴は、ある企業本部と、これから開業して新しい事業を始めようと考えている個人事業主とが契約を交わし、本部が彼らに対してビジネスを展開する上で必要なバックアップをし、その対価としてロイヤリティを支払うという信頼関係の上に成り立つビジネス形態です。

しかし、そのような一般的なフランチャイズ形態ではなく、「メガフランチャイズ」という形態が徐々に注目を集めてきています。そこでこのページでは、そもそも「メガフランチャイズ」とは何なのか?またそのビジネスで稼ぐためにはどのようなことをする必要があるのかを紹介してきます。

メガフランチャイズってそもそも何?

一般的なフランチャイズビジネスにおける、加盟店のオーナーになるフランチャイジーは基本的に一つの企業と契約を結び、事業を進めていきます。一方で「メガフランチャイズ」ではフランチャイジーは「メガフラチャイジー」とよばれ、一つの企業だけではなく、多数の企業と契約を結んでいます。「メガフランチャイジー」とは、30店舗以上の異なった企業と契約をしている、もしくはフランチャイズビジネスでの売上額20億円以上出している経営者と定義されることがあります。

メガフランチャイジーになるには

フランチャイジーにとって、一つの事業を成功させるだけでもそれなりの労力を必要とするため、誰でも簡単にメガフランチャイジーになり、たくさん稼ぐことは言うまでもなく容易ではありません。しかし、メガフランチャイジーになることを一つの目標として掲げ、事業展開を進めていくフランチャイジーは多数存在します。そのような方のために、実際にメガフランチャイジーになり、たくさん稼ぐにはどのような方法があるのか紹介していきます。

FC本部選びと一店舗目のビジネス成功

フランチャイズ、メガフランチャイズ問わず、このようなビジネス形態において、成功するためにまず必要な事は、信頼できるフランチャイズ本部を選定することです。フランチャイズ本部を選ぶ際、特に全くの初心者の方はまずフランチャイズ本部の情報集めから始めます。 情報収集の手段としては、メディアや新聞に搭載されているリクルート記事を参考にするという方法もありますが、企業によっては、大阪や東京といった主に大都市に本部がある企業の場合は、定期的にセミナーやワークショップを開催しているのでそれらに積極的に参加し、自分に適したフランチャイズ本部を見つけましょう。その際に、その企業の経営理念を考慮することも重要です。フランチャイズの経営者として事業を成功させるために、まず自分の経営方針に適したフランチャイズ本部を選びましょう。 その本部がどれほどの経営実績があるかは勿論重要ですが、その企業の経営理念に共感できるか、自分の目的に合致する条件がその企業にあるのかをまず判断して加盟するフランチャイズ本部を選びましょう。 そして一店舗目のフランチャイズビジネスを成功させる事がたくさん稼ぐメガフランチャイジーになるための第一歩になります。

事業を成功させるためには以下のポイントが要になってきます。まず経営者としての意識を確立させる事です。 フランチャイズビジネスにおいて、加盟店オーナーは本部の下請け的な存在であると思われがちですが、あくまで独立した事業の事業主であることには変わりないので、その店舗の経営マネジメントや運営、管理などを徹底し、積極的にそれらに携わる事が重要です。ましてや将来的にメガフランチャイジーになった暁には、多数の異なった企業の加盟店のオーナーとなるわけですから、経営者としての素質、意識はいづれにしても必要不可欠です。

「フランチャイズは儲かるのか?成功のコツとは」はこちら

兼業可能なFCであること

フランチャイズビジネスにおいて厳守しなければならないことがあります。それは契約内容です。たとえどんなに多店舗経営をし、メガフランチャイジーになることを望んでいたとしても、契約した企業の一つでもその契約規則に兼業がNGな企業がある場合は、多店舗経営して利益を出すことは不可能です。契約の際にその点に関して充分に注意しましょう。 またこれはフランチャイズビジネス全体に当てはまることですが、オーナーが多店舗経営を展開していく際、またあるフランチャイズ本部と契約が切れ、事業が終了した後に同業種での再開業は、契約上厳しく禁止されています。そのことを知らずに事業展開してしまった場合、大きなトラブルに繋がるで細心の注意を払い、進めていきましょう。

信頼できる人材育成、そして多店舗経営

メガフランチャイジーになるためにはもちろんのこと、多店舗経営する事が必要ですが、現実的に考えて、各店舗に毎日立つことは不可能です。そのため、それらの店舗の運営、管理を信頼して任せされる人材の育成、教育が不可欠になってきます。加盟する企業が増えるに連れて、フランチャイジーにかかる労力と負担も増えてくるので、それらを最小限にするために人材育成に力をいれましょう。

一店舗目の成功を二店舗目へつなげる

先ほども述べた通り、同業種のフランチャイズ経営は契約上不可能です。このきまりは、その企業の機密情報や経営マニュアルが他への漏洩防止のためです。しかし、一店舗目の経営で成功した独自の教訓や方法を二店舗目、三店舗目を経営する際に生かすことは可能です。そのように着実に店舗数を増やしていくことが、メガフランチャイジーにな近づくために必要な事です。

まとめ

メガフランチャイジーになって何億もの利益を出すことはそう容易な事ではありません。しかし、メガフランチャイジーとして全国に店舗を設け成功している人もいるのも現実です。メガフランチャイジーになることを目標として事業を展開していくことはモチベーション向上のためになりますが、まず一店舗目の成功に力を入れましょう。その経営が軌道に乗ってきたら、二店舗目、三店舗目とどんどん店舗数を増やしていき、メガフランチャイジーに近づけるようにがんばりましょう。

とにかく稼ぐ「メガフランチャイジー」になるには

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする