column

コラム

フランチャイズ相談所

フランチャイズ経営は副業から始めることができる

フランチャイズ経営は副業から始めることができる

好景気とはいえない今のご時世、サラリーマンが本職だけで十分な生計を立てることは決して簡単ではないですよね。ましては長時間残業、長時間労働が常習的に社会問題となっている日本では、働く事自体にあまり好印象をもっていない方もいるのではないでしょうか。

そこで今、注目を集めつつあるのがフランチャイズ経営での副業です。今の仕事を続けながら副業することは、万が一副業が上手くいかなかった場合でも職を失う心配がない反面、双方を両立されるためにより多くの労力、そして資金を費やさなければならない場合があります。そこでこのページでは副業としてのフランチャイズビジネスの特徴を踏まえた上で、サラリーマンが副業で成功するポイントを紹介していこうと思います。

本職を辞めずに副業できる!フランチャイズビジネス

フランチャイズビジネスと聞くと仕事を辞めて、新しく事業を始めるというイメージがあるかもしれません。しかし、最近では本業の仕事をしながら、傍らの副業としてフランチャイズビジネスもできるようになっています。もちろん本業と副業を完璧に両立するのには労力が必要となりますが、最近のフランチャイズ副業では規模が小さいものもあるため、比較的簡単に両立をすることが可能となっています。

フランチャイズ副業の特徴

副業としてのフランチャイズビジネスの大きな特徴に、規模が小さいものもある点が挙げられます。副業という性質上、副業に自身の時間や労力と言ったリソースの多くを割くことはできません。つまり、副業ではスキマ時間でも従事できるかどうかが重要となってきます。フランチャイズ副業ではスキマ時間を有効活用できる仕事が多く、非常に副業向いています。

特に、在宅ワークなど場所を選ばない仕事やノルマや在庫などの無い仕事がフランチャイズ副業の主な職種として挙げられ、フランチャイズ副業で副収入を得ている方も増えています。副業は基本的に小規模なため生活費をすべて賄えるほどの高収入は見込めませんが、本業以外の収入源ができる点は嬉しい利点です。 副業で稼いだ分のお金で贅沢をしたりすることもできます。

「サラリーマンが起業で成功したいなら副業から始めるべき3つの理由」はこちら

副業フランチャイズで成功するためのポイント


フランチャイズと一概に言っても多くの業種があります。ここでは、数多くあるフランチャイズの業種のうち、特にフランチャイズ副業として向いているものをピックアップしてみました。また、フランチャイズ副業で重要となってくるポイントもまとめました。

1. 副業に適したフランチャイズを選ぼう

コンビニチェーンのオーナーや学習塾の経営、IT関係、飲食店など、フランチャイズビジネスの業種は多種多様です。そんな中、たとえばサラリーマンが副業としてフランチャイズビジネスを始めようと考えているのであれば、まず、副業として適しているフランチャイズの業種を選ぶことが事業成功への第一歩です。そこでどのような職種が副業として選ばれているのかを紹介していきます。

・カーシェアリング

タクシーやレンタカーなどと比べ、比較的短時間、短距離の移動を一つの車でシェアするカーシェアリングがフランチャイズ副業としてサラリーマンだけでなく、主婦の方にも人気となっています。カーシェアリングの魅力は何と言っても規模が小さく初期費用を抑えられることです。というのも運転免許と自動車さえあれば誰でも簡単に始められるためです。

・飲食店経営

先ほども紹介しましたが、飲食店の経営者になることもフランチャイズ副業として注目を集めています。経営者となれば毎日店舗に顔を出す必要もなく、接客やサービスは従業員を雇い任せれば、本業との両立も図れるのではないでしょうか。初期費用や規模の点では、カーシェアリングなどと比べて大きいため、それなりのリスクが伴いますが高収入を期待しているのであれば挑戦して見る価値はあります。一つの店舗が軌道に乗り利益を出せるようになってきたら多店舗経営も視野に入れて事業展開してみては?

・自動車輸出業

自動車輸出業とは、国内から買い取った中古車や、オークションから仕入れた自動車などを海外へ輸出する仕事です。このフランチャイズの最大の魅力は場所を選ばず、パソコン一台あれば執り行うことができることです。

以上3つのフランチャイズビジネス以外にも副業に適している業種があるので、自分の本業などを考慮した上で、自分に適した業種を選んでみてください。

2. 初期費用を減らそう

事業を展開していく上で、どのビジネスにも当てはまる成功の秘訣がコストをできるだけ減らして、最小限に留めることです。フランチャイズビジネスの場合、新たな事業を始めるに当たって、本部との契約の際に加盟金を支払うことになっています。そのため無駄なコストを出さないように努力しましょう。飲食店の経営等の場合は、物件を見つけなければならない上に、食材の仕入れ、人件費などひようがどんどん加算で行きます。そのようなコスト、初期費用を最小限にする努力をすることがビジネス成功に繋がります。

3. 経営者としての自覚を持とう

副業だからといって「小遣い稼ぎが出来ればいいか」というような生半可な気持ちのまま始めてはいけません。フランチャイズ契約を本部と結んだ時点で、どんなに小さな事業でも一事業の独立した経営者となるので、経営者としての自覚を持たなければなりません。その為、具体的なその事業の将来目標や、人材の育成、利益をさらに上げるための経営戦略の作成などを行うスキルが求められます。

4. 本業との両立をはかろう

サラリーマンなどは平日毎日働いて土日休みというスケジュールが一般的ですが、副業を始めるとなると空き時間を見つけて上手くやりくりする事が必要とされます。そのため自分や執り行う業務を最小限に留めることが、本業との両立を図りつつ副業で利益を出す最大のポイントとなります。 本業に加えて副業でも利益を出したい!と考えているサラリーマンの方は少なくないでしょう。しかし、本業と副業をしっかり両立して大きな利益を出せる経営者の数は決して多くありません。逆に副業を始めたことによって本業にも影響が出てしまい、莫大な損失を被ったという人も実際に存在します。

副業としてのフランチャイズビジネスを成功するためには、その特徴を踏まえた上で、以上で紹介した4つのポイントを考慮した上で新しい事業をはじめましょう!

フランチャイズ経営は副業から始めることができる

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする