フランチャイズ相談所

副業から始めるフランチャイズビジネス―経営のみ、低資金での開業も

副業から始めるフランチャイズビジネス―経営のみ、低資金での開業も

好景気とはいえない今のご時世、サラリーマンが本職だけで十分な生計を立てることは決して簡単ではないですよね。ましては長時間残業、長時間労働が常習的な社会問題となっている日本では、働き方そのものについて考え直す方も増えてきているのではないでしょうか。

そんな中、注目を集めつつあるのがフランチャイズ経営による副業です。今回はそんなフランチャイズ経営による副業についてお届けします。店舗に立たず経営のみを行うケースや、低資金での開業についてもご説明いたします。

本業を辞めずに副業できる!フランチャイズビジネス

電卓と書類

フランチャイズビジネスと聞くと仕事を辞めて、新しく事業を始めるというイメージがあるかもしれませんが、最近では本業の仕事をしながら、傍らの副業としてフランチャイズビジネスをする方も増えてきています。

副業によるフランチャイズ経営は、万が一副業が上手くいかなかった場合でも職を失う心配がないというメリットはあるものの、多大な労力や資金がかかるというデメリットや失敗したときのリスクも勿論存在します。

ということでここからは、副業によるフランチャイズ経営成功の4つのポイントをご紹介してまいります。

副業フランチャイズで成功するための4つのポイント

フランチャイズと一概に言っても、その業種・業態は非常に多岐に渡っています。ここでは、数多くあるフランチャイズの業種のうち、特にフランチャイズ副業として向いているものをピックアップしてみました。また、フランチャイズ副業で重要となってくるポイントもまとめましたので、さっそくご覧ください。

1. 副業に適したフランチャイズを選ぼう

コンビニチェーンのオーナーや学習塾の経営、IT関係、飲食店など、フランチャイズビジネスの業種は多種多様です。そんな中、たとえばサラリーマンが副業としてフランチャイズビジネスを始めようと考えているのであれば、まず、副業として適しているフランチャイズの業種を選ぶことが事業成功への第一歩です。そこで、どのような職種が副業として選ばれているのかを把握しておきましょう。

・カーシェアリング

タクシーやレンタカーなどと比べ、比較的短時間、短距離の移動を一つの車でシェアするカーシェアリングがフランチャイズ副業としてサラリーマンだけでなく、主婦の方にも人気となっています。カーシェアリングの魅力は何と言っても規模が小さく初期費用を抑えられることです。というのも運転免許と自動車さえあれば誰でも簡単に始められるので、開業のハードルはそれほど高くありません。

・飲食店経営

大変なイメージの多い飲食店経営ですが、近年フランチャイズによる飲食店経営が注目を集めています。経営者となれば毎日店舗に顔を出す必要もなく、接客やサービスは従業員を雇い任せられるので、本業との両立が図りやすいという理由が挙げられるでしょう。

初期費用や規模の点では、カーシェアリングなどと比べて大きいため、それなりのリスクが伴いますが、高収入を期待しているのであれば挑戦してみる価値はあります。一つの店舗が軌道に乗り利益を出せるようになってきたら多店舗経営も視野に入れて事業展開しても良いかもしれません。

・自動車輸出業

自動車輸出業とは、国内から買い取った中古車や、オークションから仕入れた自動車などを海外へ輸出する仕事です。このフランチャイズの最大の魅力は場所を選ばず、パソコン一台あれば執り行うことができることです。


上記3つのフランチャイズビジネス以外にも副業に適している業種はたくさんあります。自分の得意分野や本業などをよく考慮した上で、最適な業種を選びましょう。

2. 初期費用を減らそう

事業を展開していく上で、どのビジネスにも当てはまる成功の秘訣が「コストをできるだけ減らして、最小限に留める」ことです。フランチャイズビジネスの場合、新たな事業を始めるに当たって、本部との契約の際に加盟金を支払うことになっています。また飲食店の経営等の場合は、物件を見つけなければならない上に、食材の仕入れ、人件費など費用がどんどんかさんでいきます。

しかしフランチャイズの場合、本部が独自の仕入れルートを確立している場合もありますので、個人経営に比べ、コストや初期費用を抑えられるでしょう。

3. 経営者としての自覚を持とう

副業だからといって「小遣い稼ぎが出来ればいいか」というような生半可な気持ちのまま始めてはいけません。フランチャイズ契約を本部と結んだ時点で、どんなに小さな事業でも一事業の独立した経営者です。経営者としての自覚をしっかりと持ちましょう。

また経営者に必要な素質として、人材の育成、計画性、利益をさらに上げるための経営戦略など幅広いスキルが求められますが、フランチャイズの場合本部によるサポート体制が整っているため、積極的に活用しましょう。

4. 本業との両立をはかろう

サラリーマンなどは平日毎日働いて土日休みというスケジュールが一般的ですが、副業を始めるとなると空き時間を見つけて上手くやりくりする事が必要とされます。そのため自分がとり行う業務を最小限に留めることが、本業で利益を出す最大のポイントとなります。

本業に加えて副業でも利益を出したい!という気持ちはよくわかりますが、本業と副業をしっかり両立して大きな利益を出せる経営者の数は決して多くはありません。逆に副業を始めたことによって本業にも影響が出てしまい、莫大な損失を被ったという人も実際に存在します。

共倒れにならないよう、その都度バランスを見ながら効率よく時間配分を行い、本業と副業の両立を図りましょう。

経営のみも可能?副業によるフランチャイズの実態

副業としてフランチャイズオーナーになる場合は、経営のみに従事するといった形が現実的です。本業でフランチャイズ経営を行う場合は、人件費の節約を目的にオーナー自身が店長として店舗に立つケースが多く見られますが、本業がある場合そういうわけにはいきません。人件費のコストは増えますが、安心して店舗を任せられる店長を雇いましょう。

また、フランチャイズビジネスには大手飲食店や小売業だけでなく、比較的小さい規模のビジネスもあります。副業という性質上、副業に自身の時間や労力と言ったリソースの多くを割くことはできません。つまり、副業ではスキマ時間でも従事できるかどうかが重要となってきます。先ほどご紹介したカーシェアリングなどは、スキマ時間を有効活用することにより、十分経営可能で利益も見込める業種ですので、非常におすすめです。

副業が軌道に乗り収入が安定してきたら、副業から専業に切り替えるといった選択も可能です。先ほども触れましたが、フランチャイズビジネスでは本部から手厚いサポートや、経営アドバイスも受けられます。イチから全て自分で行うのが不安という方こそ、まずはフランチャイズビジネスで経営者としての経験や知識を積みましょう。

副業によるフランチャイズ経営|まとめ

ということで今回は、副業によるフランチャイズビジネスの実態についてまとめました。どんなビジネスにもリスクは付き物ですが、ビジネスが破綻した場合いきなり路頭に迷うといったリスクを回避できるというのが、最大のメリットですね。とはいえ、失敗しないに越したことはありませんので、今回ご紹介した「副業によるフランチャイズ経営の4つのポイント」もぜひ参考にしてみてください。

副業から始めるフランチャイズビジネス―経営のみ、低資金での開業も

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
フランチャイズ相談所
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする