SUBWAY(サブウェイ)開業資金などFC契約条件は?

失敗しない為に知っておきたい飲食系フランチャイズ、SUBWAY(サブウェイ)の実態を暴く!

「SUBWAY(サブウェイ)」のフランチャイズ経営に関する開業資金や、ロイヤリティ等を調査いたしました。失敗しないために「SUBWAY(サブウェイ)」についてしっかり学びましょう!

SUBWAY(サブウェイ)について

SUBWAY(サブウェイ)は日本サブウェイ株式会社 (SUBWAY JAPAN,INC.)の全国に展開しているフランチャイズビジネスです。経営理念は「私たちは、環境に配慮し、人々のからだとこころの「健康」に貢献する。新しいファーストフード文化を創造していきます」です。

SUBWAY(サブウェイ)の会社概要

代表者名 角田 淳
本社所在地 〒 140-8509 東京都品川区東品川2-3-14 東京フロントテラス9階
その他事業所所在地  
HP https://www.subway.co.jp/company/
設立 33527
資本金 1億円
売上高 24億8千万円(2014年度)
従業員数 63名(2014年12月末現在)

飲食系フランチャイズ、SUBWAY(サブウェイ)のFC加盟に関する強みや研修・サポートについて

SUBWAY(サブウェイ)のフランチャイズ情報

初期費用 2000万円
開業までの日数 現在調査中
契約期間 5年
契約更新費用 現在調査中

SUBWAY(サブウェイ)の特徴と強み

ヘルシー思考になってきている今、オーダーサンドイッチという自分で好きな組み合わせができるサブウェイはファンも多い。何より既存ファーストフード店に比べ火や油を使用しないため、大掛かりな厨房設備が不要。大学の構内や駅改札口、スキー場などのリゾート地でも店舗があり、小スペースでも出店できます。テイクアウト専門店にすればより小さな面積で出店ができます。路面店で10坪以上、フードコートなどでは7坪以上で出店可能。立地条件によって立ち上がりが変わる可能性がある中、大掛かりな厨房設備が不要なので飲食店以外から店舗を転用することもできるため、重要な店舗選びの幅が広がります。フランチャイズ加盟店の運営を支援するためフランチャイズ研修がありますので店舗運営に必要なスキルと知識を取得することができます。さらにサブウェイではMC(マーケットカウンセラー)を育成しているので、店舗の運営や経営をサポートしてもらえますので、相談相手として的確なアドバイスをしてもらえます。

SUBWAY(サブウェイ)の研修やアフターフォローについて

サントリーの子会社である日本サブウェイが経営を行なっており、開業前や開業後のサポート体制が整っているのも心強いですね。環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001(2004年版)を取得しており、フランチャイズ加盟店を含む店舗スタッフ・本部スタッフ全員が環境意識を高め、環境にやさしい店舗運営を図り、さまざまな環境活動を推進しています。店舗運営責任者を育成するために、フランチャイズ研修を実施していますので、店舗運営に必要なスキルと知識を取得することができます。またフランチャイズ本部からマーケットカウンセラーが店舗を定期的に訪問してくれますので、開業後も店舗運営や経営をしっかり指導してもらえます。店内で毎日必要な量のパンを焼き、オーダーに合わせてサンドイッチをつくるため、つくり置きによる廃棄生ごみが発生せず無駄がありません。また、野菜のくずをなくすため、協力工場であらかじめカットした野菜の使用を促進し、店内での生ごみの発生を極力減らしています。

飲食系フランチャイズ、SUBWAY(サブウェイ)の需要や消費者の声

消費者ニーズ

今や国民食の1つともいえるファストフードですが、ファストフードといえばヘルシーなイメージはないですよね?サブウェイはオーダーサンドイッチという「気分に合わせ好きなものを好きな組み合わせで自由に選択できる」新たな業態を確立させ、多くのファンがいます。野菜種類も多く、野菜を簡単に摂取できることから特に女性を中心に支持されています。一人暮らしで自炊ができない男性やお肉や揚げ物が重いと感じるお年寄りでも気軽に野菜を摂取でき、幅広い層の顧客が見込めます。オーガニックやスーパーフードなどヘルシーな食事が注目される今、需要があるビジネスです。

FCに関する
ご質問・ご相談はこちら

FCに関する質問、独立、起業のご相談
FC本部に関するご相談を受け付けております。

地域で探す

業種で探す

[ 全般 ]

キーワードで探す

開業資金で探す

」にいいね!しました。
【利益率は高くないからかえって安心!?】ハウスクリーニング業界の現状を語ります!!|フランチャイズ相談所 vol.315
Facebook上でシェアすることで、記事を広めましょう!
Facebookでシェアする